OpenCms 8オンラインJavadoc

OpenCmsのJavadocドキュメントはその機能を活用し、拡張することに関心のある開発者にとって有用なものです。このドキュメントはOpenCmsのJavaのソースコードから自動的に生成されています。

ここでは最新の安定版リリースに基づく以下のドキュメントをオンラインで公開しています:

  • OpenCms 8コアAPI 
    OpenCmsコアパッケージの主だったAPIドキュメント。 OpenCmsで作ったウェブサイトをカスタマイズする際に用います。
  • OpenCms 8ワークプレース・モジュール  
    OpenCmsワークプレース(管理ビュー、WYSIWIGエディター)をビルドするモジュールのドキュメント。OpenCmsワークプレースを拡張したいという開発者には役立ちます。
  • OpenCms 8追加コンポーネント 
    これらは「アップロード・アプレット」やant buildのためのクラスを含むユーティリティークラスのみです。通常これらのパッケージのAPIを意識する必要なありません。
  • OpenCms 8 GWTコンポーネント  
    新しいADE機能のGUIをビルドするためのGWTコンポーネントのドキュメント。GWTとはブラウザベースの複雑なアプリケーションを構築し、最適化するための開発ツールキットです。
  • OpenCms 8 「テンプレートⅢ」 
    「テンプレートⅢ」のドキュメント。このモジュールはOpenCmsコアAPIを使ったカスタマイズの可能性を例示したものです。

お知らせ: 私たちAlkaconはJavadocが役立つものであるようにかなりの労力を費やしてメンテナンスしています。他のプロジェクトと比較して、私たちのJavadocの質は高いと認知されています。

さらに他のドキュメントはOpenCmsの公式ディストリビューションに含まれています。このドキュメントはOpenCmsモジュールの形で提供されています。個別のドキュメント・モジュールをここからダウンロードすることもできます

最新ニュース

  • OpenCms 9.5.0 日本語版リリース

    2015/01/20 - OpenCms9.5.0日本語版をリリース致します。OpenCmsを利用する全てのユーザーがこのバージョンにアップデートする事をお勧めします。

  • 新しいOpenCmsドキュメントとデモサイト

    2014/11/28 - 新しいOpenCmsドキュメントサイトと、OpenCms 9.5のデモサイトを公開しました。新しいOpenCmsドキュメント・セントラルでは、OpenCmsのあらゆるリソースへ繋がります。

  • OpenCms 9.5向けAlkacon OCEE 4.5のリリース

    2014/11/18 - OCEE4.5.0は新しいOpenCms 9.5に必要です。また新たにOCEEのバージョン3.5.5がOpenCms 8.x向けに、バージョン2.1.8がOpenCms 7.x向けにリリースされました。Alkacon OCEEとはLDAP、クラスタリング、レプリケーション、パフォーマンスの向上をサポートするOpenCmsの商用エクステンションです。

  • OpenCms 9.5 Dockerイメージ

    2014/11/11 - Dockerハブ・レジストリーから公式イメージを使ってOpenCms 9.5をお試し下さい - OpenCmsを評価、テストする最も簡単な方法です。

  • 9.5へのステップアップ!

    2014/11/03 - OpenCms 9.5がリリースされ、ダウンロード可能です。

OpenCms技術講習プラン

  • ユニヴァ・ペイキャストによるOpenCms技術講習プランがご利用頂けます。

    ユニヴァ・ペイキャストの講師が、OpenCmsを使用したサイト構築から保守方法までを講習するプランです。

    技術講習プラン詳細

ガイドツアー