OpenCmsガイドツアー

OpenCms - オープンソース・コンテンツ管理システム 

OpenCmsとはオープンソースのウェブコンテンツ管理システムです。インターネット上、またはイントラネット/エクストラネット上のウェブサイトを容易に作成・保守・管理することができます。OpenCmsによってカスタマイズしたレイアウトをインタラクティブに実現することができます。
 
OpenCmsはすべてブラウザベースで使用することができます。OpenCmsはウェブサーバー上にインストールされ、ユーザーは場所を選ばずどこからでもブラウザを通してシステムにアクセスできます。
 
このガイドツアーを通してOpenCmsとその多くの機能、システムの全容を概観してください。
 
ここをクリックしてOpenCmsガイドツアーを開始してください。

 

Guided tour index

  • 直感的なページ・エディター

    OpenCmsページ・エディターを使用して、単純なドラッグ・アンド・ドロップ作業でページのコンテンツを作成、追加、編集を行うことができます。保存やパブリッシュ、コンテンツ追加のような主要な機能はこのページ・エディターからアクセスできます。
  • ウェブサイト上のコンテンツをインラインで直接編集

    他のエディターを起動せずにページ上のコンテンツ要素を直接作成、編集することができます。
  • HTML5フォームの自動生成

    フォームベースのコンテンツ・エディターを使用して、高度なコンテンツ編集機能を用いることができます。このエディターはXMLスキーマから自動生成され、コンテンツの構造化ビューを提供します。
  • 視覚化サイトマップ・エディター

    サイトマップ・エディターを使用することで、ウェブサイトの構造を簡単に作成、変更することができます。ドラッグ・アンド・ドロップの操作によってページの順番を変更したり、ページをナビゲーションの別の階層に移動することもできます。
  • Apache Solrを使用した検索

    より良い検索機能とnoSQL風のクエリを実現するために、Apache SolrがOpenCmsと統合されました。それによりOpenCmsでファセット検索、範囲クエリ、類義語、言語判別、その他Solrの提供する様々な機能が使用できるようになりました。
  • CMISを利用したコンテンツ・リポジトリーへのアクセス

    OpenCmsはCMIS(Content Management Interoperability Services)をサポートすることで、外部のアプリケーションからOpenCmsのコンテンツ・リポジトリーにスタンダードな方法でアクセスできます。
  • コンテンツ構造の管理

    ギャラリーのインターフェースが見直され、かつてにないほどにOpenCmsのコンテンツの取得が容易になりました。
  • 統合された画像処理機能

    新たな画像処理機能によって、よく使われる形式の画像のサイズ変更や調整を行うことができるようになりました。
  • 構造化されたコンテンツ・アイテム

    カスタマイズされた構造化コンテンツはXML設定ファイル(XSD)に基づいて生成されたフォームベースのエディターを使用して編集することができます。
  • オンライン/オフライン・ワークフロー

    OpenCmsプロジェクトのメカニズムは同一のサーバー上にオフラインのステージング環境と、オンラインの本番環境を同時に実現するワークフローを提供します。
  • OpenCmsのエクスプローラービュー

    エクスプローラービューは、よくあるファイル・マネージャーのようにコンテンツを表示します。このビューはウェブサイトに必要なあらゆる機能を提供します。
  • 高度なリンク管理

    OpenCmsのリンク管理の仕組みによってリンク切れを検出し、ファイル移動、ファイル名変更、フォルダ構造の変更があってもリンクが途切れることが無いように管理します。
  • 管理ビュー

    管理ビューを使用してユーザーアカウントの管理、検索インデックスの設定、その他の機能にアクセスできます。
  • モジュール管理

    統合されたOpenCmsのモジュール管理のメカニズムを使用することで、コンテンツや機能を他のマシンに容易に移植できるようになりました。
  • 全文検索エンジン

    多くのオプションを設定できる検索エンジンによって、HTMLページ、構造化コンテンツ、オフィス形式のドキュメントや他の様々なファイルを全文検索の対象とすることができます。
  • JSPの統合

    OpenCmsとJSPの統合によってスタンダードに準拠した動的機能の作成を容易に行うことができます。
  • さらなる情報を得たい方は

    OpenCmsの使用方法やそのメリットについてのさらなる情報源。

最新ニュース

  • OpenCms 9.5.0 日本語版リリース

    2015/01/20 - OpenCms9.5.0日本語版をリリース致します。OpenCmsを利用する全てのユーザーがこのバージョンにアップデートする事をお勧めします。

  • 新しいOpenCmsドキュメントとデモサイト

    2014/11/28 - 新しいOpenCmsドキュメントサイトと、OpenCms 9.5のデモサイトを公開しました。新しいOpenCmsドキュメント・セントラルでは、OpenCmsのあらゆるリソースへ繋がります。

  • OpenCms 9.5向けAlkacon OCEE 4.5のリリース

    2014/11/18 - OCEE4.5.0は新しいOpenCms 9.5に必要です。また新たにOCEEのバージョン3.5.5がOpenCms 8.x向けに、バージョン2.1.8がOpenCms 7.x向けにリリースされました。Alkacon OCEEとはLDAP、クラスタリング、レプリケーション、パフォーマンスの向上をサポートするOpenCmsの商用エクステンションです。

  • OpenCms 9.5 Dockerイメージ

    2014/11/11 - Dockerハブ・レジストリーから公式イメージを使ってOpenCms 9.5をお試し下さい - OpenCmsを評価、テストする最も簡単な方法です。

  • 9.5へのステップアップ!

    2014/11/03 - OpenCms 9.5がリリースされ、ダウンロード可能です。

OpenCms技術講習プラン

  • ユニヴァ・ペイキャストによるOpenCms技術講習プランがご利用頂けます。

    ユニヴァ・ペイキャストの講師が、OpenCmsを使用したサイト構築から保守方法までを講習するプランです。

    技術講習プラン詳細

ガイドツアー